シミ対策に有効な生薬とは


シミ対策に有効な生薬はいろいろあります。その中でも最近注目されているのは紫根です。紫根というのはムラサキ科ムラサキの根を乾燥させたもので、肌の真皮層に働きかけて新陳代謝を促し、皮膚の再生力を高めて肌のバランスを整えるため、シミやシワ、肌荒れなどに効果があると言われています。このような効果があることからシミ対策に有効であるとして、さまざまな化粧品の原料として使用されています。しかし、紫根の原液を使用する際には注意が必要です。必ず薄めて使用する必要がありますが、その容量を守らず、濃い状態で使用すると、かえって肌荒れや、乾燥、発疹などを引き起こしてしまう可能性があります。そのため、自分で紫根を利用した化粧品を作る場合などには、必ず容量を守ることが大切です。
甘草エキスもシミ対策に効果があると言われています。甘草エキスというのは、マメ科のカンゾウという植物の根や茎から作られる漢方薬の一種です。主に抗アレルギーや抗炎症の治療に使用されていますが、シミ対策にも効果的です。これは、「グラブリジン」という甘草エキスの主成分に、メラニンの生成を抑える働きがあるためです。このような効果から、紫根同様に甘草エキスはさまざまな化粧品やシミの治療に使われています。
しかし、シミができる原因にはさまざまなものがあり、シミの種類によってはこれらの生薬では効果がない場合もあります。
そのため、医療機関やエステサロンなどで、どうしてシミができているのかその原因を確認し、効果的なものを選ぶことが大切です。